スタッフブログ

不具合事例の原因と補修・メンテナンス⑦

こんにちわ☺プロタイムズ直方店篠原です

 

最近は、少し肌寒くなりましたね!体調には気を付けください。

 

今回は【その他】編になります

 

Ⅰ 保管時の雨濡れによる板の曲がり現象

~考えられる理由~

・出荷から現場搬入までの間や、現場搬入後に雨ぬれしたため。

 

Ⅱ 凍結ムラ(ヒートブリッジ現象)

~考えられる理由~

・建物の立地条件や気象条件およびサイディングの下地条件等で、サイディングが下地材と接している部分とそうでない部分で、サイディングに温度差が生じるため。

 

Ⅲ 金属上のスライド

~考えられる理由~

・目地ジョイナーが使用されていない場合や横ズレ防止部材が使用されていなかったため。

 

 

主な点検項目チェック方法

①褪色 (チョーキング)

一般的に塗装面は、年月の経過とともに変化が生じます。先ず外壁表面を手で軽くこすってみてください。白い粉や塗装の色が多めに手に付くようであれば、塗装の劣化が進行しています。

このような状態になれば、施行後の年数を考慮して塗り替えを検討してください。

 

②シーリング目地のはく離

シーリング部を目視にて点検してください。はく離が大きい場合は薄いゲージ(名刺等)を差し込み、奥まで入るようでしたら補修が必要です。

 

③サイディングのきれつ(クラック)

サイディングにきれつ(クラック)が発生していないかを目視にて点検してください。きれつが微細な場合は補修が必要です。欠損やはがれ落ちそうな場合はその部分を取り外し、新しいサイディングに張り替えてください。地震の後などは、特にくぎ(ネジ)まわりの点検を行ってください

 

 

住まいは放置しておくと確実に老朽化が進み、いろいろな障害が

生じてきます。サイディングにおいても美観と性能を保つためには建築時の標準施工法による施工はもちろんのこと、

お住まいになられているお施主様の日常のお手入れや

専門業者様による定期的な点検が必要となります。

適切なメンテナンスがなされますと、サイディングのみならず

建物自体の老朽化を遅らせ、資産価値の維持にも繋がります。

 

~美観と性能を保つためにはメンテナンスを行うことが必要です~

 

長くなりましたが、不具合事例の原因と補修・メンテナンスに

ついてのお話は終わります☺☺☺ありがとうございました。

 

【直方市・田川市・飯塚市・星ヶ丘】で

◇屋根外壁塗装のことなら◇

◇◇プロタイムズ直方店へお任せください!◇◇

■住所 直方市感田1874-4

■フリーダイヤル 0120-016-315

■facebook  https://www.facebook.com/protimesnogata/

■Instagram https://www.instagram.com/protimes.color.nogata/?hl=ja

 

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織