スタッフブログ

銅は酸性雨で錆びる???

皆さんこんにちは、プロタイムズ直方店 柴田です。

本日のお題「銅は酸性雨で錆びる???」へ参りましょう

 

 

まずはコチラ↓↓

銅屋根です

伝統ある家屋や寺院に使用されている建材です。

 

近年、酸性雨が降る事から、使用されることが減少しています。

 

しかし本当に酸性雨のせいなのか?というところにスポットを当てていきたいと思います。

 

(以下引用)→引用先http://ohkuma-bankin.com/douyane-tokutyou/douyane-tokutyou.html

銅板が酸性雨に弱いというのは事実ではありません。
銅板で全て施工してある銅屋根は、酸性雨のイオンを中和する作用があります。
銅板だけで葺いてある屋根にはほとんど影響がないのです。
問題なのは、瓦の下に銅板の庇や下屋があるばあい、瓦に染みこんだ酸性雨が銅板に穴をあけるというケースです。
もともと瓦は緩いU字型なので同じ一点に雨が落ちます。
この水の落ちる長年の力というものは凄いもので、石にも穴を空けるのはご存じの事と思います。
その為 現在の銅雨樋(軒樋・縦樋・集水部など全て)は内側に合成樹脂皮膜塗装をしてあります。
つまり下から見ると経年変化で色が変わって来ますが、雨水の落ちる内側は皮膜塗装の為にいつまでもピカピカの銅板色です。

屋根や谷の場合は1~2年経過して銅板の色が落ち着いた頃に、雨が落ちる所に合成樹脂保護材を塗布すれば問題ありません。

 


 

つまりは、直接酸性雨が原因というわけではないのです。

 

しかしお家の方が、下地に使用されている釘の種類まで把握することは難しいのが現実です。

 

定期的な住宅のチェックが必要と言えます。

 

本日はここまで

【直方市・田川市・飯塚市・星ヶ丘】で

◇屋根外壁塗装のことなら◇

◇◇プロタイムズ直方店へお任せください!◇◇

■住所 直方市感田1874-4

■フリーダイヤル 0120-016-315

■facebook  https://www.facebook.com/protimesnogata/

■Instagram https://www.instagram.com/protimes.nogata/

 

 

 

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織