スタッフブログ

梅雨も明けて…☀

こんにちは(^^)/~~~

プロタイムズ直方店の石川です☆彡

 

九州も梅雨明けしましたね。

多くの場所に避難指示がでて

たくさんの方が被災されました。

改めて自然災害の恐ろしさを知りました。

自分は大丈夫だろう!!と思う方が多いと思いますが

早め早めの行動が一番ですね。

私の住んでいる地域も、夕方くらいに避難指示がでました。

私はお昼から避難していたので大丈夫でしたが

避難するときに色々と考えました。

 

ちょっと避難するにはまだ早いかな…

おおげさかなぁ…とか。

 

でも早め早めの行動に、おおげさなんてことはないんだなと

実感しました。

皆さんも…恥ずかしい、おおげさ、など考えず

常に避難は早めに。準備は早めに。

 

大雨などの影響で、おうちの様子は大丈夫ですか?

 

おうちも綺麗に住んでもらえたほうが嬉しいはずですよね(*^_^*)

定期的におうちの様子や状態をチェックしてみましょう☆

 

屋根・外壁塗装の事なら・・

プロタイムズ直方店にお任せください!!(^^)/~~~

 

 

 

 

連絡がつかない!?

皆さんこんにちは、プロタイムズ直方店の柴田です(^^)

 

本日は「連絡がつかない!?」について綴ってまいります。

 

最近お客様とお話しする中で「連絡がつかない!?」

をよく耳にします。

 

 

お話の流れはこのような感じです。

お客様「隣のお家は○○万で工事してもらったみたいだよ」

私「○○万円ですか!それは良い買い物をされたのでしょう」

お客様「でもね、最近塗装が剥がれたところがあって電話してみたら,連絡がつかなくて困っているみたい

私「えー!? 大丈夫ですか? 心配ですね・・・」

 

 

このようなお話を

直方市内において

ここ数ヶ月の間に

頻繁に

耳にします。

 

改めて感じました

リフォームトラブルは本当に身近で起こっている

そして、困っている方がまだまだ沢山いらっしゃるのだと

 

地域密着の「塗装専門店」として襟を正す思いで、この現状と向き合っていかなければならない。

そう感じた次第でございます。

 

さて、梅雨も本格的ですね。過ごしにくい季節ですが

紫陽花は色鮮やかできれいですね。

最近知ったのですが

紫陽花の色は、土壌の酸性・アルカリ性で変わるようですね。

 

それでは本日はここまでです。

 

 

 

屋根・外壁塗装の事なら・・・

プロタイムズ直方店にお任せください。

 

リフォーム工事の契約書

こんにちは、プロタイムズ直方店 店長の柴田です(^^)

 

本日は「リフォーム工事の契約書」について触れていきます。

 

皆さんは「契約」というと、どんなものを連想しますか?

携帯電話の契約、賃貸借契約、保険の契約など、身近に感じるのではないでしょうか?

 

「契約」とは、簡単に言うと、拘束力のある約束です。
そして、契約は申込みと承諾があればそれだけで成立します。

したがって、契約書を交わさずとも、口頭のやりとりだけで契約は成立するのです。

たとえば、ケーキ屋さんでケーキを買うとき、

「このイチゴショートください。」

「かしこまりました、このイチゴショートですね。」

と会話するだけで契約は成立しています。

いちいち売買契約書を交わす必要はありません。

 

リフォーム工事の契約は、契約書を交わすことが一般的です。

口約束で言った言わないを防ぐために契約書があります。

その契約書には「特約」が書かれていることが一般的です。

じつはここが重要になります。

 

リフォーム工事のトラブルになりやすいことは

・工事の範囲(箇所)の不一致

・金額(追加料金の発生)

・工事の仕様(使用建材等)

他にもたくさんありますが、大事なことは

・工事が始まる前に工事の内容をしっかり打ち合わせること

・契約書の特約で自分が不利になるようなことがないか注意を払い、相手方にしっかり確認したうえで契約を交わすこと

 

この二つだけ守るだけでも、自分自身を守ることに繋がります。

 

「契約書」を交わすことで法的に

・工事業者には工事を完了させる義務が発生

・注文者には報酬支払債務が発生します

 

リフォーム工事を失敗しないために

以上のことを参考にしてもらえれば幸いです。

 

 

本日は以上です(^^)

 

 

屋根・外壁塗装のことなら・・・

プロタイムズ直方店にお任せください(^^)

 

 

1 / 812345...最後 »

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織